カンタ刺繍【kantha】とは、コルカタ(西ベンガル州)とバングラディシュの伝統刺し子のこと。古くはパキスタンの国境近くシンド地方やラジャスタン地方など。カンタには「刺す」という意味があり、2枚の布・古布を重ね合わせ、ランニングステッチや様々な文様の刺繍を施しているのが特徴。

破れた布や古布、サリーのハギレなどをつなぎ合わせたり2枚重ねにして刺繍で補強することにより、布を丈夫にし、再利用していたのが起源で、ラリー(結ぶ)ステッチとも呼ばれる。

カンタ刺繍は女性達の手仕事の一つ。家具や壁に掛けたり、ベッドカバーにもなるおおきなものや、フリンジのついたショールなどの小ぶりのものなど、用途もさまざまなのでサイズも多種多様。また繊維製品が豊富な国ならではの布柄は豊富な組み合わせで見ていて飽きないのがカンタ刺繍の魅力。

カンタ刺繍のショール

 

 

PR 楽天ランキング