カディ【khadi】とは、イギリスが植民地支配をしていた時代に生まれた、インドの手紡ぎの糸を手織りした布のこと。カディコットンとも呼ばれる。

イギリスの機械織り綿布に対する抵抗手段として、ガンディがインド各地を歩き手織り布によってインド人の自立を促したことで普及したと言われており、別名”The fabric of Freedom”とも呼ばれインドの人々に愛され親しまれている。

機械で紡がれた糸と異なり、手で紡がれた糸は不均衡なため「糸むら」により、風を通しやすく涼しい、また吸湿性、速乾性にも優れ、冬は暖かいという特徴がある。

 

PR 楽天ランキング