アムンゼン【amunzen】とは、綿、毛、ポリエステルなどの、しぼ(織物表面の凹凸)のある変り織・梨地織の一種。しぼのため、表面はざらざらした感触が特徴。

もともとは梳毛織物(そもうおりもの)で、梳毛糸を使って織ったもので、組織は密なものが多く、丈夫で光沢があり、あまり地厚でない軽めのものが多い。

また、捺染(なせん)ができないとされていた毛織物がこの組織を作るのが可能であることを発見されて、愛知県尾州(びしゅう)で、開発が成功したのが始まり。ちょうどその頃、探検家のアムンゼンが南極探検に成功したので、それにちなんで命名された。

和服用の毛織物として使われていたが、現在は綿や合繊なども多く作られており、ハンカチやスーツ地としても使用されている。

 


PR 楽天ランキング