インバネス・コート【Inverness coat】とは、ひざ丈のゆったりした身頃に、袖の代わりに腕を覆うほどの長いケープがついたコートのこと。

1859年頃、スコットランドの港町インバネス地方の男性がスコットランドの格子柄の布を用いて着用したのが始まり。バグパイプ奏者がバグパイプを守るために覆っていたとも言われる。その後ダブルの打合せやテーラードカラー、ウエストベルトつきのスタイルも見られるようになった。日本には明治時代、イギリスから洋服の外套としてもたらされ、男性用の和服のコートとして定着。また正装用の燕尾服に合わせるコートとしても着用されていた。

探偵小説の主人公、シャーロックホームズが着こなしているのでも有名。

 

PR 楽天ランキング