矢絣(やがすり)とは、弓の矢羽根(やばね)の形を表した絣柄のことで、矢筈絣(やはずがすり)、矢羽根絣(やばねがすり)とも呼ばれる。ポピュラーな柄で、粋なイメージを作る。

昔は御殿女中が着ており、明治時代には女学生の制服として用いられ、矢絣にえび茶の袴をつけた姿をえび茶式部と呼んでいた。なかでも紫や小豆色が人気があった。今では若い人の着物にも多く見られ、女子大生の卒業式にも見られる。

紬絣、木綿絣、御召絣、銘仙絣などによく用いられる。

矢絣

PR 楽天ランキング